HOME > 相談事例 > アーカイブ > 先祖の癒し

相談事例 先祖の癒し

◆先祖の癒し・遠隔ヒーリング◆ 不仲の両親が本音で向き合うようになった!

                                      2011年11月2日 福岡市 DAIさん(会社員/男性・40歳)

★父の事業がうまくいかなくなるにつれて、両親の関係が次第に悪くなっていった。父の身勝手さに何も言えない母は、ずっとストレスを抱えたまま、いつの日からか?ほとんど会話もしない夫婦に・・・「家庭がうまくいかないのは、先祖の因縁が影響しているのではないか?」...そう思い、川上光正先生の<先祖の癒し・リモートヒーリング>を受けてみることにしました。
    ↓ ↓
≪遠隔ヒーリングを受けた経過/ソウルヒーラー:川上光正先生≫
2回目のリモートヒーリングが行われた翌日...、母から電話がかかってきた。何と「父の浮気が発覚した!」と言うのです。coldsweats02 夫婦の会話がないことは知っていたが、まさか父が浮気しているとは夢にも思わなかった。 
それからしばらく、母から頻繁に電話がかかってきては、父への文句を聞かされ続けた。私はただ聞いてあげることしかできなかったが、その事件以来、ずっと我慢していた母が言いたいことをハッキリ言う人に変わっていった。もちろん、父を簡単には許せないだろうが、今まで無関心を装おうだけの関係から、"言いたいことをぶつける関係sign01"へと変わった。おかげで2人はよくケンカをするようになった。

これはある意味...「相手に関心を持つようになった」と言えると思う。母が父に関心を持たなくなったせいで、父が浮気に走った...。「これではいけない!」と母は気づいたのかもしれない。責任感の強い母なので「子供のため」という気持ちもあるだろう。 
 もちろんまだ、夫婦が急に仲良くなる...とまではいかないが、<先祖の癒し・リモートヒーリング>を行ったことで、隠れていた問題が表に出され、"お互いに関心を持つきっかけ"ができたような気がする。先祖のヒーリングを行った翌日に問題が起きたので、「やはり何か影響を及ぼしているものがあったのだ!」...と感じずにはいられなかった。これからも、少しずつ先祖の癒しを続けていきたいと思う。shine




1

« リモート(遠隔)ソウルヒーリング | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ