HOME > 相談事例

相談事例

◆ <テーマ : 将来> ニュージーランド行きをひかえて・・。 ◆

● 月間情報誌の取材で訪れた、25才の女性。 職業は、エディター (ライター)。取材のために、初めてチャネリングを体験することになった。彼女は、「翌月に会社を辞めて、ニュージーランドに行く予定・・。」 ということだけを話していた。これは、エディターである彼女が、『 チャネリングを受けた時の印象や、心の変化 』を 詳細に記してくれたものである。

★230年程前 オーストラリアでの前世★
あなたは、ダイバーのように海waveに潜っている女性です。海に住む動物達や、環境の保護につとめています。藻が大量に発生した時には、≪海がめの産卵≫ の邪魔にならないように、何度も海に潜っては、掃除をしています。海とは自然に慣れ親しみ、≪自然を愛する心≫ を深く持っていました。泳ぎで鍛えた筋肉質で女性らしい体つき・・。木々にはさまざまなフルーツが実りapple、手でちぎっては口に運びます。家族、親戚・・、みんなが笑顔にあふれ、とても幸せそうです。shine
・性格は負けず嫌い・・。小さい頃よりおてんばで、男の子と取っ組み合いのケンカをし、正義感も強かった。母親が、「もう少し女の子らしくなって欲しいわ。」とぼやいても、あなたは全く気にしない・・。自分の考えをはっきりと主張する子供でした。毎日、日が暮れるまで、元気に走りまわっていた。run 
大きな夕日 が、みんなの顔を赤く照らすと、そろそろ家に帰る時間...。海に沈むとっても大きな夕日...。その時間は・・、自分の顔も・・家も・・地面も・・ 全てが赤く照らされて、不思議で、感動的でした。 「あの夕日のように、スケールの大きい人間になりたい!」と、思いました。sun
・父親は漁師・・。父のことが、大好きでした。父にしがみついたり、おぶられたりしながら遊び・・、仕事を覚えていった。網の修理の手伝いもした。心配症の母は・・、「危ないから、海に出るな。」と止めた。「女が船に乗ると、海の神様が怒る。」という言い伝えがあったので、あなたが行けるのは、泳げる範囲のみ。憧れの父と同じ仕事がしたいのに、家を守るのが女性の努め・・。母と口論になっては、泣き出すあなた・・。優しい父は、煙草をふかしながらニッコリ笑い、あなたの頭をポンポンとなでて慰めてくれた。
   ↓ ↓
・ あなたの魂は、前世から、≪お母さんと気持ちが通わない悲しみ≫ を引きずっています。「私の個性を認めて欲しい。止めるより応援して欲しい。」その気持ちは、前世でも今世でも同じです。本当はお互いに自立して、離れていても信じあい、愛し合える仲になりたいのです。

★他の前世から感じる意識★

・ あなたの魂は、前世で ≪教育に関する仕事≫ を得意としていました。言葉や歴史、自然界の掟など・・母や父から学んだ事を教えた。生徒には、自分の弟やその友達もいて・・、大人も参加して輪が広がっていった。身近な人々に知識を広めて触れ合う喜び、を知った。
   ↓ ↓
・≪魂の前世からの特性≫ を踏まえて・・今世は ≪海外で子供達に日本語を教える仕事≫ などが、適しています。明るくさわやかなあなた・・。少々ドジなところcoldsweats01も、子供達に親近感を与えます。家にいるようなリラックスした雰囲気を提供して、勉強に興味をもたせるのが上手でしょう。子供達と接する時間をたくさん作りましょう。子供となら会話も易しく、スムーズに気持ちが伝わります。遊びを通して仲良くなれるので、語学力もアップします。現地の人からも 「子供を好きな人に悪い人はいない。」・・と歓迎されるでしょう。
・今回、あなたがニュージーランドに行く意味は、≪もう一度自分の存在を確認するため≫ です。再びあの大自然に身を置いて・・≪自分≫ を確認しにいくのです。 しばらくは≪自分の魂を癒すため・・≫ に海外で過ごすとよいでしょう。大自然の中で、肩肘を張らず、ありのままの自分をさらけ出すことで、緊張がほぐれていきます。笑顔が自然になり、自信もみなぎっていきます。shine
                           
● 初めてチャネリングという言葉を聞いて、イメージしたのは、「宇宙との交信」とか、「何だか怪しいなぁ~」というものだった。そして、今回、取材で体験することとなり、正直「うさんくさい。本当にあたるのか?」と半信半疑。というより、怪しんでいた。
そして、実際に体験!... 「来月からニュージーランドへ行き、むこうで仕事をする。」...と、ほんの少し話した。前世を見る・・と言われ、山下先生の手に自分の手を重ねるように指示された。一瞬、ジッとした先生は、すぐにスラスラと字を書き始めた。考えながら...とは思えない。気のむくまま・・という感じで、どんどん紙がいっぱいになっていく・・。 一枚目を書き終えると、「読んでね!」と一言だけ言って、そのまま、終始無言で20枚ほど黙々と書き綴った。memopen     
・一枚目の紙に、≪私の前世は漁師の娘。≫ と書いてある。「さっき、海が好きって言ったからかな?」・・与えた情報と重ねてみる。残りはどんなことを書いてくるのだろう?
続いて・・、≪海に住む、動物達や環境保護につとめていた。≫≪海がめの産卵を助けるため、海に潜り、大量発生した藻を除去》 と書いてあった。それを読んだ瞬間、何かがこみ上げてきた・・。私は何故か・・テレビで亀の産卵や、産卵時の亀の眼を見るのがとても好きだった。以前、亀のガラス細工を集めていたこともあった。驚く気持ちを抑えながら、「たまたまだろう...」 と思った。
・230年程前、オーストラリア。自然を愛する心を深く持っていて、海と自然に慣れ親しむ生活。実際・・天神という福岡の中心で働きながらも、街が嫌いだった。ドライブrvcarと自然cloverをこよなく愛し、休日は一人でも海に行く。それが私のストレス解消法である。「そのこと話してないよなぁ...。」 
・海外移住を考え出したのは、高校の時、オーストラリアに行ってからだったので、国まで一緒で驚いた。 ただ、「ニュージーランドとオーストラリアは近いので、そのイメージからオーストラリアが出てきたのかもしれない。」と・・、まだまだ驚く気持ちを否定してみた。

≪チャネリングを受けての感想≫
●≪女性らしく、泳ぎで鍛えたたくましい体つき。≫私は、アクション映画に出てくるようなしまった体つきが大好きである。自分の前世がそうだと書かれて、ちょっと嬉しい気分・・。notes≪前世で自然に囲まれて生活していた様子》 が詳細に綴られると、「幸せそうな前世で良かった・・」と妙に安心した。
・≪性格は負けず嫌い。とっくみあいのけんかや、正義感が強く、自分の考えをはっきり主張する子供。≫またまた、「今の自分そのものでは?」・・と、不思議な気分。≪海に沈む、とても大きな夕日が顔を赤く染める・・≫。≪あの夕日の様にスケールの大きい人間になりたい・・。≫この言葉を書かれた瞬間、ゾーっとした。夕日が大好きで、全くその通りの気持ちを想っていた事...。夕日に感動して泣いてしまった事...。落ち込んだ時、いつも一人でドライブする所は、海に夕日が沈む有名なスポットだった。『なんだか、すごい...」。だんだん・・、疑う気持ちが薄れてきて、「次は一体何を書くの?」と興味でいっぱいになった。
・≪父親は、漁師≫ ・・では、吹き出しそうになった。happy02現在の父も釣り大好き人間なのだ。彼曰く、「前世は漁師!」おまけによく考えてみると、私と父の趣味は ≪ダイビング≫ だった。「なんでわかるのだろう?! これは、本物かもしれない!」緊張感が全くなくなり・・、全てが驚きの気持ちに変わったsign01 
・そして、 ≪母が私の行動を心配していること≫ ・・ が、至る所に出てきて・・ 「この先生は、私の人生を見てきたのか !?」 と思った。したいことが明確なのに、周りに止められ、モヤモヤしていた前世の自分...。母に理解してもらいのに、反対されて悲しむ前世の自分...。先生が書き出した前世と、現在の自分が、あまりにも一致していることに愕然とした。極めつけは、≪このことは、前世も今も全く同じです。≫・・と。何だか訳がわからないような、何とも言えない気持ち。前世もろもろと、今の自分の環境、求めている事がどんどん一致してきて、感動してしまった・・。全て、「関係性」 に説明がついてしまうのだ。
・その後、「自分の魂が持っている特性」が書き出された。≪教育を得意とし、海外で子供に英語を教えたりすることに適している。≫≪前世では、自分の知識を我流で教えて、生徒がどんどん増えて、輪がひろがっていった。≫なるほど、なるほど・・。「将来日本に帰ってきて、結婚したら、子供相手の英会話教室の先生になりたい」と漠然と考えていたのだ。「きっと、英語の先生になることは、将来実現するのだろうなぁ...。」と思えた。
・最後に・・ ≪肩肘をはらずに、ありのままの自分をさらけ出すことで、緊張がほぐれる。≫≪笑顔が自然になり、自信がみなぎってくる。≫ ・・とあったが、これまた共感した。私は、自分の「型にはまるのが嫌いで、人が緊張する場面でも自然でいられる性格」が好きだった。でも、ニュージーランド行きを目の前にして、正直不安で、緊張していた。きっと、向こうに行ってもしばらく緊張して、自分を出すまでに時間がかかったと思う。しかし、チャネリングを受けたおかげで、「行けばなんとかなる。いつも通りラフにかまえていよう。」 と、気持ちが楽になった。confident
   ↓ ↓
・終了後、先生に話しを聞くと・・
 「書いた文章にすごく共感できる人と、あまり共感できない人がいる。」、との事。「共感できる人は、自分に素直に生きている人。」「共感できない人は、自分の本質とズレが生じている。」 と。私は、共感できないところが無いに等しかったので、「とても素直に生きている。」 と言われて、嬉しかった。happy01
学で証明出来ないことは、全く信用しない私だったが、全く話していないこと<先生が情報として得るには不可能なこと>が、何枚もの紙に、勢いに乗ってスラスラと綴られた・・。この 「文章」 と 「自分との関連性」 を否定することは不可能だった。
・チャネリングを受けて、驚き、感動できた事は、素晴らしい経験だった。確実に得るものがあったと思うので、興味がある人にはお勧めしたい。
shine




<<前のページへ12345678

アーカイブ

このページのトップへ