HOME > よくある質問 > アーカイブ > スローヨガ・瞑想

よくある質問 スローヨガ・瞑想

答え 体を締め付けず、通気性が良く、動きやすい服装です。レオタードや短パンではなく、Tシャツやズボン(スウェット類)が良いでしよう。タートルネックや・パーカー類は避けましょう。アクセサリー・時計・矯正下着・ストッキングは身につけません。靴下は自由です。

答え スローヨガはゆっくりとした動きなので、初心者でも全く問題ありません。苦手なアーサナ(ポーズ)もアレンジを加えながら、自分のペースで無理なく実修できます。少しずつ難度を上げていくうちにいつの間にか柔軟性や体力がアップして、完成度の高いアーサナに近づいていきます。

答え 今まで習ったヨガが、自分のペースに合っていなかったのかもしれません。インストラクターの動きを真似るだけの大勢のヨガは、自分に集中できず、無理をして体を痛めるケースが否めません。その点、個人レッスンでは自分に合った指導が受けられるので、心地良い疲労感やスッキリ感を得られるはずです。初めに「呼吸法、アーサナの動き」をしっかりマスターするので「体や心と対話する感覚」が早く身につきます。わからない箇所をすぐに聞けるのも個人レッスンの魅力です。

答え はい。ダイエットが目的ではなくても痩せた方はたくさんいらっしゃいます。スローヨガの基本である<腹式呼吸>は、体にたくさん酸素を取り入れて脂肪の燃焼を促進します。またアーサナで柔軟性・筋力・血行・代謝がアップして、脂肪がつきにくい体質へと変化します。むくみ解消にも最適!ダイエットを目的とした「ダイエット・コース」もお勧めです。

答え ヨガ愛好家の多い欧米では「ヨガの医学的効用に関する論文」が数多く出されています。日本でもお医者様の勧めで始める方が多いほど「ヨガが免疫向上や体力増強、慢性不調の改善に役立つこと」は知られています。初めは「体が軽くなった。疲れなくなった。風邪をひきにくくなった。」などの効果を実感するでしょう。そのうちに肩凝り・腰痛・生理痛・頭痛・胃腸障害・神経痛・後遺症など...様々な不調が緩やかに改善されていきます。日常生活にヨガを上手く取り入れると、運動不足解消や疲労回復に役立ちます。

答え ヨガの後、深いリラックス感に包まれる理由は...ゆっくりとした動きで呼吸をコントロールし続けるからです。私達の「精神」は「呼吸」と密接に関わっています。ストレスや緊張が高い人の呼吸は、一様に浅く、早く、息を止めていることすらあります。逆に精神が安定した人の呼吸は、ゆっくりと深く整っています。その「精神」と「呼吸」の繋がりを利用して、スローヨガでは意識的に「呼吸」をコントロールする技(調息=プラーナヤマ)を習得します。例え高度なアーサナができたとしても、呼吸が浅く不規則だと心地良さや効果は半減します。逆に体が硬く未完成のアーサナしかできなくても、呼吸を上手にコントロールできていれば、効果の高い充実したアーサナだと言えます。さらに「瞑想」を行うことで、より深い精神の安定が得られるのです。

1

メインページ | アーカイブ | ダイレクト・ソウルヒーリング »

このページのトップへ