HOME > よくある質問 > アーカイブ > メモリアル・ソウルヒーリング

よくある質問 メモリアル・ソウルヒーリング

答え お寺などで長年供養している魂を呼んで、十分に癒されていなかった例が数多くあります。お経をよんだり、仏壇や墓に手を合わせたりする供養とは違って、"メモリアル・ソウルヒーリング"は故人の魂とダイレクトに繋がって思いを受け止めていくものです。故人の「思い残し、本音、苦しみ、悲しみ、家族に伝えたかったこと」...などを伝えてあげることで、魂が安心し癒されます。笑い・涙・感動ありの心温まる癒しができます。

答え もし昇天していたとしても"魂の意識"を呼んで、故人の魂と対話することができます。(これまで何も伝わってこなかったことは一度もありません。)故人の魂に質問すると、様々な返事が返ってくるので、「お父さんらしい...。」と家族の方が納得したり、意外な本音を知ってビックリすることもあります。また、昇天している魂は、この世への未練がないため、明るく前向きなメッセージを伝えてくれます。「次は○○の国に生まれて○○になりたい」...など来世の希望を述べる魂もいます。

答え 苦しんで亡くなった魂は、その思いを聞いてあげることがとても重要になります。魂に刻まれた苦しみの意識をソウルヒーラーの至純エネルギーで解放していくので、何も心配ありません。また、故人の魂の意識を受け取る「アシスタント・ヒーラー」は、冷静に意識をコントロールしているので、共感して涙することはあっても、取り乱したり暴れたりすることもありません。

答え 多くの魂が1回のヒーリングで癒されて昇天します。しかし、思い残しや傷つきが強い魂は時間を置いて「再ヒーリング」を行います。2回目にはほとんど昇天しますが、稀に3~4回のヒーリングが必要な魂もいます。

答え 故人の魂に「次はいつ呼べばよろしいですか?」と尋ねると、返事が返ってくるので、それを目安にします。早くて3ヶ月後、遅くとも1~2年以内には再ヒーリングを行います。傷つきが深い魂は、さらに時間を置いてヒーリングする場合もあります。

1

« チャネリング | メインページ | アーカイブ | メンタルセラピー »

このページのトップへ