HOME > よくある質問

よくある質問

答え 「心身の不調や悩みを克服したい」という方から「大きな悩みはないけれど、もっと変わりたい」「幸せになりたい」「夢を実現したい」「成功したい」「カウンセラーやセラピストになりたい」など...、様々な目標・目的を持った方々です。カップル・姉妹・家族で通う方も多く、年齢層は赤ちゃん~ご年配の方まで。特に多いのは20~40代の女性です。

答え 未成年者は、入会時に保護者の承諾と協力が必要です。ほとんどの方が自分の意思で決断しますが、周りに影響されやすい方は無理に入会せず、十分説明して、納得してもらうと良いでしょう。見学に来てもらい、説明を聞いてもらうこともできます。

答え 宗教・宗派とは一切関係ありません。あくまでも心・精神の哲理を探究する精神哲学です。

答え できれば1人につき10回~20回が理想です。通常3~4日に1回のペースで遠隔ヒーリングを行います。10回で1か月半弱、20回だと2カ月半で終了するペースです。

答え 約束した時間に「指定の場所」に滞在していれば、普通に過ごしていてかまいません。起きていても寝ていても、遠隔ヒーリングには影響しません。

答え はい。受ける方に知らせても知らせなくても遠隔ヒーリングには影響しません。家族の方などが、本人に知らせず申し込むケースも多々あります。

答え 「現在のストレス感情~潜在意識のトラウマ~前世の因果~第三者(人間・動物)の混濁意識~周りから飛んでくる意識」など...、多様な意識が癒されます。その内容を知りたい方は「アシスタント・ヒーラー付き」のオプションコースを申し込んでください。アシスタント・ヒーラーの「自動書記」には、癒された意識やクライアントの変化がリアルに記録されています。

答え 遠隔ヒーリング10回コースを例にすると、「1・10回目...計2回」または「1・5・10回目...計3回」が適当です。20回コースでも「1・10・20回目...計3回」ぐらいが良いでしょう。いずれにしても遠隔ヒーリング開始前には"チャネリング"を受けておくと、問題点が明確になり目的を持って"遠隔ヒーリング"に取り組むことができます。

答え もめたり、関係がこじれる相手とは、"良くない前世の因果"が影響している場合がほとんどです。そこで、できれば依頼者本人も"ダイレクト・ソウルヒーリング"や"遠隔ヒーリング" を受けて、お互いの因果を癒したほうが良いでしょう。もちろん、相手を遠隔ヒーリングしただけで関係が改善されるケースもありますが、ほとんどの方が自分もヒーリングを受けて「お互いに変わろう!」という姿勢で臨みます。お互いに変わることで、結果が早く確実に現れるでしょう。

答え お寺などで長年供養している魂を呼んで、十分に癒されていなかった例が数多くあります。お経をよんだり、仏壇や墓に手を合わせたりする供養とは違って、"メモリアル・ソウルヒーリング"は故人の魂とダイレクトに繋がって思いを受け止めていくものです。故人の「思い残し、本音、苦しみ、悲しみ、家族に伝えたかったこと」...などを伝えてあげることで、魂が安心し癒されます。笑い・涙・感動ありの心温まる癒しができます。

<<前のページへ123456

アーカイブ

このページのトップへ